<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小豆島の綺麗なものいっぱい

f0288304_0352549.jpg

井上誠耕園のカフェのそばにて。これは・・つん、プリっとしたほのかなハートだから、ミッションかな^^

残念ながら、2時頃にお茶しようとカフェを訪ねると、4組も待たれていてあきらめたのですが、少し一人で散策してきました♪
f0288304_0502073.jpg

3年前、この畑で初めて三宅さんをお見かけしドキドキしながら話しかけた事・・
気さくに色々オリーブの事を教えて頂いて・・本当に嬉しかった事を懐かしく思い出しました^^
その頃より随分、山の斜面を覆うオリーブが増えていて・・本当に素敵です。
f0288304_0581768.jpg

ウッドデッキが新設されており、オリーブ茶のディスペンサーが置いてあったので、一杯頂きました^^
優しい甘みがあって、おいしかったです。ごちそうさまでした!
私が家でオリーブ茶を入れるときはつい濃ゆくなるまで出しちゃうんですが、淡~い黄色くらいのほうがやっぱりおいしいな^^
f0288304_153947.jpg

道路沿いの井上誠耕園さんの売店でお買い物♪お土産はまた紹介しますね~!
みかんソフトクリームをぺろり♪これがまた、さわやかでおいしいんです!
ぬいぐるみは、「しまちゃん」(緑)「りくちゃん」(黄色)のようです。しまちゃん、収穫エプロンつけてる!

f0288304_111232.jpg

その後オリーブ園へ♪これはコロコロ丸い実だから、マンザニロかな。
品種のタグがあってもあえて見ないで、実と葉で品種予想するのもマニアの楽しみですね^^
今回は義両親も一緒だったし酷暑だったので、いろんな品種を見て回ることはできなかったのですが・・それでも十分幸せ!

f0288304_117301.jpg

オリーブの木だと、セミの抜け殻さえも、神々しく見える!

f0288304_122875.jpg

数年前このオリーブトンネルを駆け下りて、派手にコケた次女、懲りずに飛び跳ねながら降りるの巻。

f0288304_128448.jpg

今回は、大丈夫でしたよ♪
f0288304_13716100.jpg

夏のオリーブ園の売店で、外せないのはこちら!
f0288304_1392262.jpg

「苺氷」♪♪
水と一緒に苺もまるごと凍らせて削ってある?ふわふわかき氷です。シロップと練乳もたっぷりで、たまらーん!!

まだ少し、フェリーの時間まで余裕があったので、寒霞渓をドライブすることに。
f0288304_1443899.jpg

通りがかった霊場に、引き寄せられるように立ち寄ったり。
f0288304_1462176.jpg

洞窟に近づくと、ひんやりと冷たい空気に包まれます。
f0288304_1474957.jpg

小豆島には八十八ヶ所の霊場があります。いつか、きちんと全部参拝してみたいです。お遍路さんですね。
f0288304_1552839.jpg

ホーホケキョ、カナカナカナ・・・ジージー・・ピヨピヨ・・森の香りと自然の音をいっぱい感じながら窓の外の緑を眺めていると、突然こんな風景!
f0288304_1592068.jpg

空が霞んでいたのが残念ですが、とても素敵な眺めでした。
f0288304_203812.jpg

今にも転げ落ちそうな岩があってびっくり!
f0288304_224775.jpg

福田港で船を待つ間、またも散策。猫でも歩いていたら、物語が始まりそうな路地。
f0288304_243049.jpg

ここは・・「八日目の蝉」の映画で、希和子と薫が通った橋かな。とても深く、考えさせられた映画でした。
f0288304_255964.jpg

悲しい、切ないあの港は福田港。この商店で、最後にパン買ってもらったんだよね・・
あのお話の中で、「きれいなもの ぜんぶ入った、広くて、大きな景色」と小豆島の事を言っていたのが印象的でした。http://www.town.shodoshima.lg.jp/oshirase/youkame-semi.html

f0288304_2112795.jpg

私も、娘たちにたっぷり見せてあげられたかな。
f0288304_2123493.jpg


さようなら、小豆島。またたくさんの綺麗なもの、見に行くからね!
[PR]
by kotori--olive | 2013-07-29 02:19 | 小豆島(しょうどしま) | Comments(8)

夏の小豆島の光 

f0288304_234179.jpg

オリーブ園を登りきった所にある、大好きな場所からの眺め。

二日目は朝からホテルのプールへ。エンジェルロードを望むオーシャンビューで素敵!
なのに、誰もいなくて、またしても貸切状態♪
f0288304_23583488.jpg

あー、世のちびっ子たち、プールでの飛び込みはキケンです!これは悪い例です。

f0288304_052623.jpg

プールでめいっぱい遊んだ後は、こまめ食堂へ向かい、早めのお昼ごはん♪

f0288304_085255.jpg


f0288304_0402817.jpg

昨年の秋ここへ来ておにぎりを食べて以来、少し心が疲れた時には、こまめ食堂でおにぎりたべたーーい!!っていつも、心から思います。
世の中に仕事に、家庭に疲れた方、疲れてない方も、是非ここへきて、おにぎりを食べて見てください。
きっと元気になれるはず!!お料理も島の食材をふんだんにつかってあり、、本当に暖かくっておいしいです。
f0288304_019479.jpg

オリーブ牛バーガーで子どもたちも大満足♪
f0288304_0164611.jpg

小学校の机とイスの、お庭席もあるんですよ^^
f0288304_0224334.jpg

ごちそうさまをしてから向かうのは、昨日の夜ライトアップで幻想的な姿を見せてくれた
瀬戸内芸術歳のアート作品「小豆島の光」。
f0288304_0263658.jpg

棚田の間を歩いて下ってゆきます。
f0288304_0274572.jpg

ぞうの鼻のような、ここが入り口です。
f0288304_0305747.jpg

中央の丸い部分へ入ると、なんということでしょう!!
なんだか言葉になりません。
f0288304_0323471.jpg

f0288304_0331137.jpg

竹がひんやりして、風が通って、外の暑さが嘘のように、心地よく・・ずっといたいくらいでした。
f0288304_0362271.jpg


のせたい写真がいっぱいで・・長くなってしまったので、続きはまた明日♪

f0288304_041472.jpg


f0288304_0425334.jpg

[PR]
by kotori--olive | 2013-07-28 00:44 | 小豆島(しょうどしま) | Comments(4)

夏の小豆島で魔女になる 編

f0288304_16182536.jpg


夏休みの初日に、大好きな小豆島へ行って来ました♪

f0288304_16205170.jpg


姫路港から「第3おりいぶ丸」に乗って島へ車ごと上陸。
真っ先に向かったのは、来年公開の実写版「魔女の宅急便」ロケ地だと思われる
ダッチカフェ「キューピットアンドコットン」

f0288304_16271869.jpg


以前も迷いながら訪ねた事があったのですが、11時から5時までの開店ということで、その時はお店には入れずでした。
お店の横におばあさんらしき方がいらして、訪ねてみると、
「魔女の宅急便のロケ?そうです、ここでやってましたよ^^そのうちオリーブ公園のほうへ持っていくらしいですよ」とのこと。
この風車小屋は、以前からあったオーナーが自作されたカフェ兼住宅で、その隣にセットらしき建物がありました。(風車はたたんでありました)

f0288304_163350100.jpg

コリコの番地??
f0288304_16343240.jpg

本当に、魔女の宅急便の雰囲気にぴったり♪♪原作者の角野栄子さんも気に入るはずだわ。

f0288304_1643521.jpg

残念ながら、グーチョキパン店は閉店中でした・・(これがオリーブ園に移動??どこに設置されるのか、それもまた、めちゃめちゃ楽しみです!!)
f0288304_16372469.jpg

どこからどこまでが映画のセットで、どこがもとからこの地やお店にあったのなのか、わからないくらい、その土地に、空気に溶けこんでいましたよ。
f0288304_16473942.jpg


f0288304_16514459.jpg


f0288304_16531040.jpg

こんな張り紙も!!原作を読んだ方なら嬉しくなっちゃいますね!!
f0288304_16521421.jpg


f0288304_1656757.jpg

子どもたちとここへ来れて、本当によかったな^^

f0288304_16582789.jpg

落ち着く店内で、オランダ風パンケーキも食べて♪これほんと美味しかったー!
[#IMAGE|f0288304_16591646.jpg|201307/24/04/|mid|480|32
名残惜しくお店を後にして・・

f0288304_1751636.jpg

炎天下でバッタ探し・・・は暑いって!!!

f0288304_17123822.jpg

ということで「オリーブビーチ」へ。道を下ってゆくとすぐです。
オリーブと海。最高!!このイルカ、娘が幼稚園上がる前におばあちゃんに買ってもらい、その時は娘より大きかったのに・・いまでは追い越しちゃいました。でも、あれからずっと、夏の海やプールでは大切なお友達。

f0288304_17254583.jpg

2人ともラッシュガードで怪しいですが・・海をたっぷり楽しみましたよ♪

f0288304_1727266.jpg

早めのお宿へチェックインすると・・案内されたお部屋からの眺めは最高!!
エンジェルロードを歩く恋人達も見える・・
グランドホテル水明です。(主人の両親も一緒で、貸切露天があるここがいい、という意見で決めました)
格安だったし、入り口の外観や建物は古い感じだったので・・はじめゲッ・・!と思ったのですが・・

f0288304_1732311.jpg

貸切露天風呂がまた、想像以上によかった~!!!

f0288304_17375358.jpg

お食事にはオリーブ牛やオリーブ素麺もあって、おいしく頂きました♪

f0288304_17402464.jpg

日が暮れてからまた、車にのって向かったのは・・
f0288304_17413787.jpg

瀬戸内国際芸術祭2013のアート作品「小豆島の光」のライトアップです。

暗闇の中、LEDの光で浮かび上がるその姿は、とても幻想的でした。
写真は、パパが頑張っても、なかなか難しかった様子。
昼間の様子はまた明日^^

楽しい一日を思いながら宿のお布団に入ろうとすると、ドーン!ドーン!とどこからともなく聞こえてくる・・
ベランダへ出てみると、遠くで花火が上がっていました!!
島にこだまして、随分遅れて聞こえてくるどーんという音もまた、良かったです。

まるで魔法をかけられたかのように、楽しい一日の終わりでした♪
[PR]
by kotori--olive | 2013-07-24 17:54 | 小豆島(しょうどしま) | Comments(10)

畑*オリーブ

f0288304_20195755.jpg


義両親が昨年借りて野菜作りをされている畑に、私もオリーブを4本植えさせて頂いて1年と少し・・
なかなか下草刈りも追いつかず。(一応下草はシロツメクサ。繁殖しすぎ。)
端っこのなんか、奥の柿の木が予想以上の勢いで影を作ってくれて、斜めってます・・
奥の木のあたりは、貸主さんに、入らないでと言われている(以前うちの子らがふきのとうを踏み荒らした)ので、草生え放題、蚊、わき放題!

1枚め写真のは小さな苗で植えた オリーブ セント・キャサリン。
すんなりとコンパクトに伸びてくれそうだし、ここではかわいそうなので、思い切って自宅敷地の端っこに移植することに!

f0288304_20274627.jpg
これはその他の畑オリーブの様子・・・うわ~、雑草!雑草!!見ないで~!

f0288304_20344254.jpg


f0288304_20352177.jpg


f0288304_20362799.jpg








ズッキーニ(今年はいい感じ!)
トマトにブラックベリーも

収穫できだしました^^

あとはナスにきゅうり、ピーマン他、義両親が一生懸命お世話しされて、美味しい夏野菜を毎日たくさん頂いています♪

f0288304_20413673.jpg
f0288304_20442868.jpg

ブラックベリーはそのまま食べたり、果実酢に。
たくさんの野菜は大好きなラタトゥイユにして食べ放題♪
感謝感謝!


























で、自宅に移植したセント・キャサリンですが・・・

こんな事に・・・
f0288304_20312219.jpg




ぎゃーー!!!

梅雨のゲリラ豪雨の中頑張って移植したものの、その後梅雨が一気にあけ、ギラギラと照らされてこんな姿に・・・実は根本にアリが巣食っていて、土をほぼ落としての移植になってしまったのも痛手だったかな・・
でもっ!!
オリーブは強い!!こんな事に負けないはず!!

復活を信じて、残念な姿をブログに残す事にしました。

いつか良いお知らせができるといいのですが・・・・
[PR]
by kotori--olive | 2013-07-18 20:53 | オリーブ | Comments(5)

リキッドソープにラベンダー石けん

ラベンダー尽くしの石けん。
材料のオイルや水にもラベンダーを入れ込んであり、ラベンダーハイアルトの精油たっぷり、可愛いお花を飾って・・解禁が楽しみすぎる石けんができました♪

f0288304_1746748.jpg


火曜日に、いつものオリーブ友Hちゃんと、石けん教室mauruuruさんで教えて頂いてきました♪

Hちゃんが廃油石けんも作るというので、私もずっと気になっていたリキッドソープ作りをお願いしちゃいました。
f0288304_17583762.jpg


リキッドソープは、苛性ソーダを使うコールドプロセスの石けんと違って、初めましての苛性カリを使います。
高温で熱しながら混ぜたり、泡がブクブク~~となったり、いつもと違う工程にドキドキ。
f0288304_185434.jpg
24時間の熟成後、カットしてこんな感じ^^



 
これをひとかけら、ハーブティーで溶かし、精油で香りづけ。
色付けの素(カラーリキッド?)も頂いたので、入れてみるとこんな感じ。

f0288304_18132235.jpg


無印の泡で出てくるポンプに入れて大人も子供も大はしゃぎ!!
アワアワ、アワワ洗いまくっちゃいました♪
ツルリとした気持ちいい洗いあがりにご機嫌!!


市販の液体石けんのように肌に良くないものは入っていないし、これで手も体も頭も洗えます!
(100%鹸化してあるので、コールドプロセス石けんのようなしっとり感はないですが、子供やパパにはさっぱりな洗いあがりちょうどイイ!)

今日のお風呂も楽しくなりそうです^^
子供たちの使い過ぎには要注意ですが・・!


石けんレッスンの後には・・
子どもたち夏休みを前に、母たちはしっかり充電♪

f0288304_18244456.jpg

こんな石けんもいいかも?なんて言いながら・・

f0288304_18243456.jpg


Mさんが予約してくださった、素敵な隠れ家のようなお店「ひら野」さんで、目にも舌にも美味しい和会席を愉しんできました^^

あの計算され尽くしたお部屋の窓から見える緑、色とりどりの可愛いお料理。
MさんとHちゃんの笑顔に楽しい時間♪
思い出せば、長い夏休みも頑張って乗り切れそうです^^

ありがとう!
[PR]
by kotori--olive | 2013-07-18 18:34 | 手作り石けん | Comments(8)

アイスピンクの石けん

ピンクだけど、ひんやり。デザートみたいな石けんを作りたくて。
f0288304_23450100.jpg


アイスシャーベットと、今年の初収穫ブルーベリーも一緒にパチリ♪
香りは、いちごみるく・・ではなくって、ローズゼラニウムをメインに、ベルガモットとラベンダー。
敏感肌にも優しく、お肌の老廃物やくすみを取り除いてくれるという、ピンククレイで色付け。
お風呂で心ほぐれて、お姫様気分になれるはず!?

f0288304_23114656.jpg


カット前。透明石けんをコロコロと、氷みたいに入れてみました。
表面は白っぽく、冷たい雰囲気を出したかったから途中で保温箱の蓋あけたのだけど、中途半端だったのか?
ピンクの淡いグラデーションのはずが、おかしな色に・・・

悲しい。

f0288304_2315785.jpg


でも、なかなか、思うようにいかない所がまた、楽しい。
もうすぐ子どもたち夏休みなので、今のうちに作りだめです。 


夏休み中に作るとしたら、オリーブオイルのみの簡単なやつで・・

真っ白に燃え尽きたぜ・・ って感じのになるかも。
[PR]
by kotori--olive | 2013-07-12 23:24 | 手作り石けん | Comments(2)

紫陽花石けん

f0288304_16365646.jpg


雨粒をのせた、紫陽花のような石けん。

我が家では、白いアナベルと、ピンクのシーアンしか咲かなかったので、青と紫の紫陽花みたいな石けんが作りたくて。

オリーブオイルと太白胡麻油に、スイートアーモンドオイル。優しい泡ですっきり洗い上げながらも、夏のお肌をしっとり包むために。
(こんな梅雨時期でも、乾燥肌のわたしなので・・)
精油は、ラベンダーをたっぷり。それにゼラニウム・ベルガモット・オレンジにパチュリ。
青い紫陽花を思い浮かべて調合しました。

f0288304_16543850.jpg


カット前。紫陽花園で見上げた、梅雨の晴れ間の青い空。




f0288304_16581256.jpg


色付けは、ウルトラマリンのブルーとバイオレット。
(ウルトラマリンは、カオリン、炭酸ナトリウム、硫黄、シリカ、炭素、樹脂の混合物を高温で熱してでき る物質ですが、もとはラピスラズリという鉱物からできるものを、人工的に作ったものです。
陶器の色付けの粉のようなもので、石けんの色付けに使う程度なら、体や皮膚に毒性や刺激はないということで、安心して使っています^^)
一生懸命混ぜたけど、ちょっとダマになっちゃったのが残念。ごく少量に溶いてから、のばせばよかったのかな。
白、青、白、紫、白と順に生地を入れていき、、なんとなく紫陽花感がでたらいいな、と。



f0288304_1715555.jpg




石けんは、わたしにとってキャンバスにもなっちゃう、素敵な存在です。
[PR]
by kotori--olive | 2013-07-05 17:22 | 手作り石けん | Comments(6)

ラベンダー

f0288304_2246555.jpg


大好きなラベンダー。
香り成分の酢酸リナリルやリナロールの効能は多岐にわたり・・お肌にも心にも、体にも嬉しいハーブ。

これは先月の「アロマティコ」 (ラバンディン系)
過去2回枯らしちゃってるのだけど・・香りがとても良くて濃い青が魅力的なので・・懲りずにリベンジ!

素焼きの鉢に高植えにして、水は表面がかわいたらたっぷり!やってます。
今まで、なんとなく乾かし気味にしていたんだけど、ラベンダーもオリーブと一緒で、お水が大好きなんだって!
特に植え付けから1カ月の根付くまでの間はたっぷりやらなきゃらしい。
(やりすぎもダメだけど。メリハリが大事)

秋にまた咲いてもらうために、今は短く丸く、風通しよくなるよう剪定してあります。
それに、真夏や真冬に枯れたように見えても、また気候がよくなると復活するらしい!
(水切れや根腐れで枯れたのでない限り)
知らずにポイしていたわ・・・ごめん。


f0288304_2314873.jpg





春に鉢植えにした 「ようてい」 




枯れたお花を摘んでいたら、次々と新しい花穂があがって、なんと2か月以上楽しませてくれています♪
これもとてもいい香りで見た目も好み。
枯らしたくない!風通し、日当たりの良い場所に置いて、水も切らさないよう頑張る!




西日本の我が家でも、強く、まったく枯れず、何年も咲いてくれる 「グロッソ」 これも、ラバンディン系。
アロマティコ、ようていよりかは香りは薄いけど、とにかく丈夫。
花茎が長く伸びるので、広い場所に植えるのに向いているかも。
我が家ではかわいそうな感じ。
わたしは、ラバンディン系のラベンダーがどうも好きみたい。

f0288304_23191992.jpg


ラベンダーバントルズでも作ろうと毎年思うのだけど、蕾のうちのほうが香り成分が強いらしく、蕾のうち、と思うのについ咲かせちゃって・・しかも咲いたらアリまみれ。
今年も作れなかったなあ・・と思っていたら、


f0288304_2324787.jpg
f0288304_23254362.jpg

お友達に蕾状態のを頂いちゃったので、作ってみた!   (はなちゃん、アリガト^^)


11本か13本を花穂の下でリボンで結び、茎を折り返して、リボンを交互に通して編んでいく、だけなのだけど、、そうだった、わたしこういうの苦手だって忘れてた・・・目が飛んだりなんやで・・まあいっか、やっぱやりなおそっか・・・

できあがった・・けど、なんか違う??

f0288304_23311887.jpg




娘にも、「なんかヘン」
と言われ・・ガーン・・・
リボンが太かった?いじりすぎてお花が採れすぎ??












また返り咲いてくれたら、その時はラベンダーバントルズ、リベンジするぞー!

と心に誓った、不器用なわたし。

(またヘンなもの産出するくらいなら咲かせてあげておいたほうがいいかも・?とも、思う)


それでは今夜も、ラベンダー精油入り、ミツロウとシアバターの手作りクリームを塗って・・・

おやすみなさーい^^
[PR]
by kotori--olive | 2013-07-02 00:05 | お花 | Comments(8)