続 カルガモ登山

書写山 5丁展望所より。
f0288304_23385226.jpg


カルガモの親子を見るぞ!と朝早くからでかけた土曜日。
姫路市にある書写山には、いくつかの登山ルートにロープウェイもあり、山上にある書写山円教寺 摩尼殿などは、西の比叡山と称される天台宗の古寺。西国27番札所でもあります。
NHK大河の「軍師官兵衛」のロケの予定もあるとか。

私たちは、東阪登山道から登ります。

f0288304_23525156.jpg



1時間ほどでロープウエイ山上駅近くの紫雲堂跡。
見晴らしがよく、とても気持ち良い場所です。
昔の方々もここで一息つかれたんだろうな



我が子がこんな所まで持って来て読んでいる本は・・・



f0288304_23564086.jpg



「カモのきょうだい クリとゴマ。」  娘たちがカモに興味を持ったきっかけの本です。
初めて会えるかもしれない、カモ親子に期待が高まります!!

そんな時、私たちに「上の茶屋の前の池に、カモの親子がいるらしいよ^^」

と、にこやかな笑顔のご婦人が声をかけてくださいました。
わたしたちが、「それを目的に今日登って来たんですよ!」
というと驚かれていましたが、せっかくなので、一緒に登りましょう!!
という事になりました♪
もう孫は中学生なのよ~、女のお子さん、いいわねえ~などと楽しくおしゃべりしながらも、
・・・息が切れる私。
次女がグダグダいいだしたので次女のリュックも担ぎ、カモの為に望遠レンズをつけた1眼レフカメラが重い!ヒー!!


f0288304_005145.jpg


やっと円教寺境内へ。

f0288304_0153439.jpg

私が一度見て見たかった、銀龍草(ギンリョウソウ)の生えているところも教えて下さいました。
大好きな小説「西の魔女が死んだ」に出てくる植物です。感激!!

私一人なら、絶対見つけられなかった。


f0288304_0222183.jpg

20分ほど歩いて、円教寺摩尼殿へ。















カモ、いるかなあ・・・いる???





f0288304_0255327.jpg

いたーーーー!!!  コイと一緒に、茶屋の前の池でホワホワしてました。

f0288304_0264622.jpg 生まれて初めてみる可愛すぎるカモ親子に大興奮!!



f0288304_0301393.jpg


カモの絵を書いたり、宿題の作文を書いたり、おにぎりにアイス。
緑深い森の空気をいっぱい吸いながら、とても嬉しい、楽しい、幸せな時間が過ぎてゆきます。。


優しい笑顔のご婦人とは、ここでお別れ。

また、きっと、お会い出来ますように!!!




f0288304_0364276.jpg

カモの為の餌場も用意されており・・カラスよけのテープが張られたり・・いたれりつくせり、皆に愛されているカルガモたちでした。



f0288304_0381197.jpg



カメのカップルも気持ちよさそうに甲羅干し。






f0288304_0401166.jpg


カモ親子もお昼寝。




私たちも、そろそろお家にかえろうか。
なんと、カモの池の前に3時間もいた!!!
誰も誘わなくてよかった・・
迷惑かけるか、不完全燃焼になる所でした。危ない危ない。いや、次はもう、3時間もいないはず。(多分)
だから、登りたい方、いつでもご一緒しますよ♪


f0288304_0421230.jpg

摩尼殿へ登って、新車を買ったおじいちゃんに、交通安全のお守りをかって。
こどもたちは夢が叶うお守りを買いました。


f0288304_0464992.jpg




まだまだ、見どころはたくさんある書写山ですが、今日はカモメインということで。


f0288304_0445141.jpg




帰り道、また別のご婦人に、
「娘さんと登山なんて、ええねえ~」と声をかけられ・・

「カモの親子を見てきたんです!」と言うと・・

「あら、あら!親子でカルガモ親子を! あはは!ええなあ、ええわあ!!」



・・・もしかして、私たち親子もはたからみたら、まるでカルガモ親子のようだったのかな?(あんなにかわいくはないけど)




まだ、しばらくは、私たち、カルガモの親子みたいでいていいよね!?



***
おまけのお話

次の朝、2人とも起きるなり、「夢でカルガモの雛触った!!ふわふわしてた!!」


夢が叶うお守りが早速効いたのかな???
by kotori--olive | 2013-06-11 01:02 | お出かけ
<< ボイセンベリーにラズベリー カルガモ親子 >>